Copyright (C) 2018 ANONYME. All Rights Reserved.

〒152-0001 東京都目黒区中央町1-18-13

Ari Ookubo Exhibition

9/8[土]から、Sprout Curation(東京)で開催される個展
《I'm the Creator of this World, You're One of the Materials Existing in the Universe _私は世界を司る あなたは宇宙に存在する要素》

 

日々の事柄をフィクションに落とし込み、テクストの形で提示し、同時に、物理的空間においてインスタレーション(あるいはパフォーマンス)として展開する、という作品スタイル。

今回は、ファウンドオブジェクトとしての骨董品が作品価格設定の基点として存在しています。
ANONYME店舗でも一部作品が展示されています。

添付の画像は、会場で掲出される予定のポスター兼、テキストやキャプションなど...
デザインを小池俊起氏にお願いし、通常の展覧会で掲出されたりハンドアウトされる紙媒体を全てここに集約しています。
今回の作品では、紙面上での表現が作品コンセプトの本体であり、同時に展覧会の添加物でもあります。
テーマの一部でもある_'もの'と'時間'の'質量'と'価値'_を合理性と複雑性をもって紙面で展開させています。
また、画家の千葉正也氏、芸術学の松井勝正氏に寄稿をお願いし、素晴らしいテクストが本作と擦れ重なり、不思議な存在感を放っています。

本紙は、会場にてインスタレーションの一部としてご覧・ご一読いただくことも可能ですが、販売もしております 。

 

作品のオブジェクトはアノニムの提供です。
____________________________________
展覧会詳細
------------------------------------------------------------
大久保あり個展

《I'm the Creator of this World, You're One of the Materials Existing in the Universe (私は世界を司る あなたは宇宙に存在する要素)》

2018. 09. 08[土] - 10. 07[日]
Sprout Curation

開廊: 水-土曜|13:00–19:00 日曜| 13:00–17:00
休み: 月火曜・祝祭日
会場: スプラウト・キュレーション
新宿区西五軒町5-1 3階
Tel|03-3268-8700
http://sprout-curation.com
____________________________________

ANONYME ショップ情報 (一部作品展示)

大久保 あり

OOKUBO Ari

1974 東京生まれ
1998 武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業
2000 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ大学院サーティフィケイトコース修了
2001 ロンドン芸術大学チェルシーカレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン・ファインアート修士課程終了

個展

2017 「十和田奥入瀬プロジェクト《まちなか美術館》『東の熊、青い森の幽霊』」旧エースカメラ店舗(青森) 2017 「東の熊、青い森の幽霊」HIGURE 17-15 cas (東京)
2016 「BLACK CIRCLE is NOTHINGNESS」 ガレリア・フィナルテ(愛知)
2015 「クリテリオム90 大久保あり『美術館の幽霊』水戸芸術館(茨城)

2015 「ワンダーフォゲルクラブに入るための良い答え、もしくは、4千円を手に入れるためのまあまあな答え_YNの方法論的」HIGURE 17-15 cas (東京)
2014 「林スンの肖像」 LOOP HOLE (東京)
2013 「パンに石を入れた17の理由」 switch point (東京)

2012 「妄想する」 LOOP HOLE (東京)
2011 「山の夢」 LOOP HOLE (東京)
2010 「ベーグルを入れていた紙袋は空っぽに」 gallery nimodo (東京) 2008 「思い出せない」 gallery nimodo (東京)
2003 「大久保あり展」 武蔵野美術大学G-fal (東京)

グループ展

2017 「MERZ」ハギワラプロジェクツ(東京)
2016 「詩の触覚」 gallery TOM (東京)
2016 「月展(2月/camp)」 インストールの途中だビル401 (東京)
2016 「月展(3月/camp)」 art & riverbank (東京)
2016 「月展(4月/camp)」 BY APPOINTMENT ONLY (東京)
2016 「月展(5月/camp)」 都立木場公園(東京)
2016 「月展(6月/camp)」 路地と人(東京)
2016 「富士の山ビエンナーレ2016」 静岡県静岡市、富士市、富士宮市の各所(静岡) 2015 「われらの時代_ポスト工業化社会の美術」 金沢21世紀美術館(石川)
2015 「The 1st Decade of LOOP HOLE」 LOOP HOLE (東京)
2014 「Re:送っていただけませんか?」 500m美術館(北海道)
2014 「FUCHU OF MADNESS -無名祭祀書-」 LOOP HOLE (東京)
2013 「Blue Valentine」 XYZ collective (東京)
2013 「CHOCOLATS DES FUCHU ~ 2013 進撃の府人~」 LOOP HOLE (東京) 2013 「ダイチュウショー」 府中市美術館市民ギャラリー(東京)
2012 「CHOCOLATS DES FUCHU ~ 2012 府中の味~」 LOOP HOLE (東京) 2012 「RYUGU IS OVER !! 竜宮美術旅館は終わります」 竜宮美術旅館(神奈川) 2012 「テキーラ展2012本所二丁目アートシーン」 gallery ni modo (東京)
2012 「はじまりはアートの旅」 ギャラリーかれん(神奈川)
2011 「CHOCOLATS DES FUCHU ~デルトロ府人のレシピ~」 LOOP HOLE (東京) 2011 「テキーラ・オールスターズ」 gallery ni modo (東京)

2011 「SAKKA * ZAKKA」 gallery nimodo (東京)
2011 「韓国国際美術祭」 Seoul Art Gallery (ソウル/韓国)
2010 「SAKKA * ZAKKA」 gallery nimodo (東京)
2009 「5 X 5」 万国橋ギャラリー(神奈川)
2009 「5 X 2_壁ぎわ」 現代heights (東京)
2009 「Itazu Litho-Grafik "リトグラフって何だ?" リトグラフ展」 調布市文化会館(東京)
2009 「tequila te quiero」 gallery ni modo (東京)
2009 「a trace of 10 years」 現代heights (東京)
2008 「もっとテキーラくれくれ!_ビーチでもう一杯」 gallery ni modo (東京)
2005 「ART and LIFE in MIKUNI2005」 三国町の各所(福井)「HHP |ホーリーホリデイプロジェク ツ」名義で出品
2004 「108展」 イセ文化基金ギャラリー(ニューヨーク/ アメリカ)
2003 「ラントシャフト」 レントゲンヴェルケ(東京)
2002 「アートスカラシップ2001受賞者展」 laiv (東京)
2001 「tic-tock」 House チェルシーカレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ロンドン/イギリス)

展覧会企画

2017 「PLASTIC | さめたはこ(COBRA、森田浩彰、ヌケメ)」LOOP HOLE (東京) 2016 「さめた体温(松田修、山瀬まゆみ)」LOOP HOLE (東京)

ヴィデオスクリーニング

2013 「Meeting under the Full Moon」HIGURE 17-15 cas (東京)

ワークショップ

2016 「箱庭を作ろう」十和田市現代美術館(青森)
2012「blanclass night 大久保あり『その壁を登るには』」blanclass (神奈川)

受賞

2001 アートスカラシップ2001「天野太郎賞」受賞

【文献目録】

・「われらの時代_ポスト工業化社会の美術」発行:金沢21世紀美術館 2015年
・「500m 2013」(展覧会記録集)発行:創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会 2014年 ・「MEETING THE ARTIST」美術手帖2015年3月号

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts
Recent Posts

September 19, 2019

March 28, 2019

March 13, 2019

September 6, 2018

September 6, 2018

May 1, 2013

Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload